おすすめできない

ぺたぺたビジネス 砂川敏郎

こんにちは。

近年、ヒゲ脱毛が流行っているそうで、気になってあれこれ調べてます。

脱毛は女性だけの業界では無くなってきているのですね。

では、本日も検証していきたいと思います。

今回、見ていく案件は、砂川敏郎の「ぺたぺたビジネス」です。

ー免責事項ー

当ブログのレビューは、確認や注意をした上で掲載しています。ただし、商材によっては間違った情報や古い情報である可能性があります。

当ブログは、独自の見解に基づくものであり、当ブログにおいて、何らかのトラブルや不利益については一切責任を負えないことをご了承ください。

ぺたぺたビジネス 砂川敏郎の商材情報

特定商取引法に基づく表記は以下となっています。

販売業者名 株式会社ウインズ

販売責任者 砂川敏郎

住所 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館5階

電話番号 03-6419-7312

メールアドレス info@petapetabusiness.com

販売URL http://petapetabusiness.com/lp/4-AtnmjLap/

ぺたぺたビジネスの販売ページの謳い文句は、

1日数分の作業で

  1万円~3万円の収益が発生し、

  最短で当日報酬を受け取ることができる。

と記載されています。

 

ビジネスモデルは

YouTubeなどのあなたのお気に入りの動画を紹介するだけ!

というものです。

 

音楽やアニメやニュースなど自分のお気に入りの動画を

YouTubeなどから探して、そのURLをコピーし、

「ぺたばず」というサイトに登録をする。

 

ただ、登録後にアクセスがなければ、広告にならないので、

報酬は発生しません。

 

なので、そのアクセスを大量に集めるために

『BUZZ BOOST(バスブースト)』というツールを9,800円で購入し

「3Sコミュニティ」に参加しようというものです。

ただ、調べてみると被害者の声が集まってきてますね。

ペタペタビジネスというネットビジネスに約29万円クレジットカードで決済してしまった被害者です。

ペタペタビジネスは、詐欺です。運営の対応も粗雑で横暴です。

(引用一部省略)

たしかに、画面上では1回のバズブーストで13000円位の収益が上がりましたが、この金額がいつまでも自己口座に入金されません。

これは運営が用意した見せかけだけの報酬発生画面で、その後の上位商品を売るための罠です。

(引用一部省略)

9800円払って、せっかく13000円稼いだように見えたのも、ネット上で操作しているだけで非常に悪質なやり方だと思います。

引用元 http://henkinbbs.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=8290432

見せかけの報酬発生画面!

完全に詐欺ですね。

報酬発生画面を捏造させ、稼げたかのような体験をさせることで信用性を植え付け、その報酬を受け取りたければ、上位ランクに加入しろという悪質な手口。

この被害者の口コミを見る限り、今後もぺたぺたビジネスで騙される被害者の数は増える一方だと思われます。

引用元 https://showhey17.com/petapetabusiness-kuchikomi/

まず、9,800円で参加させ、ツールを使って、

ちょっとは稼げたような体験をさせてから、

更に継続して稼ぐならと

・サードクラス 28万円

・セカンドクラス 48万円

・ファーストクラス 92万円

という、上記のクラスのどれかに申し込まなければいけないという、

バックエンドセールスに誘導するというお馴染みのパターンですね。

ポイントは、最初に、投資家へ利益が出たと思わせるために、返金するところです。

返金してもらったお金も、元々は、自分のお金なのに、

増えた感じがして、追加投資をしてしまうわけです。

 

今回の『ぺたぺたビジネス』も、

それと同じで、自分で払った9,800円が、それ以上になった気がして、

これなら、もっと儲かるかもしれないと、上位ランクに入ってしまうわけですね。

引用元 https://junabroadinfo.com/freeoffer/petapetabusiness/

 

まとめ

今回の案件も、オススメできない危険な詐欺商材でした。

見せかけの報酬発生画面を作成したり、ステマブログをたくさん作って、

自作自演で消費者を騙すという極悪非道な詐欺です。

 

一度、問い合わせをしたことがきっかけで、

セミナーを開催しているところでは、セミナーの勧誘や

バックエンドセールスの高額商材や高額塾などの

売り込みなどが控えているパターンも多いですし、

関心のある見込み客としてリストアップされることも

十分に考えられるので、メールアドレスは捨てアドレスを使用するなど

対策を考えて、注意していきましょう!