ブックメーカー商材

チリツモ投資塾 松岡直希 株式会社ホムテルス

こんにちは。たんです。

では、本日も検証していきたいと思います。

今回、見ていく案件は、松岡直希氏の「 チリツモ投資塾 」です。

ー免責事項ー

当ブログのレビューは、確認や注意をした上で掲載しています。ただし、商材によっては間違った情報や古い情報である可能性があります。

当ブログは、独自の見解に基づくものであり、当ブログにおいて、何らかのトラブルや不利益については一切責任を負えないことをご了承ください。

チリツモ投資塾 松岡直希 株式会社ホムテルスの商材情報

まず、特定商取引法に基づく表記は以下となっています。

販売者 松岡直希 株式会社ホムテルス

住所 神奈川県川崎市幸区古市場2丁目75番地

電話番号 03-6629-7001

この案件の販売ページの謳い文句には、

「絶対負けない投資によって誰でも半強制的に稼げてしまう

成功率100%の必勝プログラム」とあり、

さらに「月利平均150%、勝率100%、月利平均80%」

など、都合が良すぎるようなフレーズが並べられてます。

 

完全に初心者や情報弱者を狙った内容です。

 

このブログの読者さんはみんな分かっていると思いますが、

「投資に100%はありえません!!」

 

もちろん特商法にはいつもの、

「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、

利益や効果を保証したものではございません。」

と出てきます。

これは100%とはもちろん言っていないということです!

 

安定のプロダクトローンチ商法で、消費者に考える時間を与えない・・・

結果、最終的に30万弱の高額塾の誘導があります!!

30万あれば、比較にならない優良商材いくつも買えますよ・・・

 

そもそも、ビジネスモデルが「ブックメーカー」なのです。

ブックメーカーとは、イギリス国家公認機関で、

簡単にいえば、「オンラインでスポーツ賭博を運営している会社」です。

日本でいうと、JRAなどの競馬や競艇、競輪などですね。

 

日本では、民間でこういったものを運営することは

法律で禁止されているので、ブックメーカーは存在しませんが

海外ではインターネットの普及とともにオンラインでの

スポーツのギャンブルが盛んになっているんです。

スポーツを中心とした、様々な試合などの勝敗に、

お金を賭けるのが、ブックメーカーですから、

ビジネスでも投資でもなく、ギャンブルにあたります。

 

日本では法律上、賭博は禁止となっています。

海外では、海外旅行中にカジノに出かける方も多いと思いますが、

海外で行われているギャンブルに日本人が参加することについては、

今の所、法律上規制はありません。

ただ、昨年3月に海外の「スマートライブカジノ」という

インターネットの会員制のカジノサイトで賭博をしたとして、

3名を京都府警が逮捕しています。

 

その3人は「海外サイトなら大丈夫だと思った」と話していたようです。

カジノサイトを利用したこと自体が賭博法に違反するとすれば、

「ブックメーカー」に参加することも同罪とみなされる可能性がありますね。

 

上記の件を鑑みれば、かなりリスクがあり危険ですし、わざわざ商材を購入してまで、

参加するほどの価値はないと思います。

 

それと、ブックメーカーに参加することの懸念材料として、

国内のブックメーカー関連の情報商材では、

「アービトラージ」という投資手法を使う所が多いのですが、

「ブックメーカー」では、このアービトラージをNGとしており、

違反が見つかると、ベットのマックス額が1ドル(100円程)に規制が

あったり、アカウント凍結といったことになるようです。

 

ちなみに、アービトラージについてですが、

簡単に言えば、「安いところで買って、高いところで売る。」

このように価格差を利用して稼いでいく手法を言います。

 

このようなブックメーカーの案件では、頻繁に使われる手法となっており、

このアービトラージを使って損をしないように賭けるというものが

多いのですが、長期的に大金を稼げるわけではありません。

 

しかも、ブックメーカーでは、マックスベット規制というものがあって、

ある程度、勝ち続けると賭け金を制限されてしまうことがあります。

 

本当に負けずに勝ち続けられたら、ブックメーカー側が

損をしてしまうことになるので、

胴元側は何かしらの対策をするわけです。

これでは勝つのにも限界がありますね。

 

この点も、チリツモ投資塾 などのブックメーカー系の商材を購入しても、

稼げるとは思えない点として、あげておきます。

話を戻しますが、

とにかく、日本においては、「ブックメーカー」がグレーゾーンであること、

「ブックメーカー」ではアービトラージがNGであることから、

Money the X (マネー ザ エックス) の購入は、ハイリスクであり

絶対におすすめいたしません。

 

また、販売者の松岡直希氏ですが、わりと疑惑のある人物です。

某有名アメフト選手と同じ名前を用いていることもあり、

過去のブラックな案件の検索逃れを考えている可能性があります。

 

また、インタビュアーの池田光氏も過去に「合法インサイダーメソッド」という

毎年10億円以上の収入を100%確約させるという、

これまたひどいオファーを仕掛けていた人です。

今回の案件に似ていますよね?

以上、とにかく、ご注意ください。

絶対に購入しないようにしましょうね!!

【今年最後!!数名のみ募集!究極の稼げる商材を教えます!】

今年、あと残り1名です!

おかげさまで好評につき、

想定よりも多くのお問い合わせを多数いただきました!!

なので・・・

【急遽、増枠決定!!】

今年、残り数名のみ募集します!お急ぎください!!

 

「今よりももっと収入を増やしたい!」
「旦那の給料だけでは足りない!」
「自宅でできる仕事がしたい!」

こういった悩みを抱えている方、
パソコンだけで、好きな場所で、空いた時間を使って
お金を稼ぎつづけるスキルを身につけて、楽しいライフスタイルを送りませんか?

私はこの方法を知ったことで、人生を謳歌することができました!

詳しい内容はこちらから!画像をクリック!↓