仮想通貨商材

マイニングカレンダー ビットコインジャパンプロジェクト 藤田真一

こんにちは。たんです。

ついにビットコインが1万ドルを超えましたね!

年内にここまで上がるとは正直思ってませんでした。

やはり今年は仮想通貨バブルですねぇ。

今回はこちら、仮想通貨の案件ですね。

今回、見ていく案件は、

藤田真一氏の「マイニングカレンダー ビットコインジャパンプロジェクト」です。

ー免責事項ー
当ブログのレビューは、確認や注意をした上で掲載しています。ただし、商材によっては間違った情報や古い情報である可能性があります。

当ブログは、独自の見解に基づくものであり、当ブログにおいて、何らかのトラブルや不利益については一切責任を負えないことをご了承ください。

マイニングカレンダー ビットコインジャパンプロジェクト 藤田真一の商材情報

まず、特定商取引法に基づく表記は以下となっています。

販売者:藤田真一

住所:記載なし

電話番号:記載なし

販売URL:http://bitcoin-japan-project.jp/lp/ltr-bjp03/


この商材は、マイニングカレンダーというアプリを入れて稼ぐという、

「ビットコインジャパンプロジェクト」というものです。

 

さて、それでは販売ページを詳しく見ていきましょうか。

「毎日1万円もらえて月30万円もらえる」と謳っていますが、

これまでこのような無料オファーでまともなものは何一つなかったです。

今回もそのパターンでしょうね。

 

さて、この案件はLINE登録をするしか情報を受け取れないです。

かといって、登録は自己責任でお願いします。

詳細を知るために私は端末複数あるので、

サブのアカウントで登録してみました。

 

さて、ビジネスモデルは仮想通貨なのですが、

マイニングを主とした方法のようです。

 

マイニング(採掘)とは、その名の通り、通貨を発掘することで、

自分のパソコンの計算能力を貸出して、

報酬として通貨をもらうことを意味します。

(基本的に、マイニングと言えばビットコインですね)

 

とはいえ、マイニングは大量の電気を使い、パソコンのスペックも

非常に高いレベルを要求されます。

 

電気代は恐ろしく高くなり、パソコンは超高性能のグラフィックボードが

必要、と様々な問題があります。

 

一時期このマイニングの影響でグラボが非常に値上がりしましたね。

マイニング環境を整えるのにもけっこうお金がかかり、

電気代もかなりかかるので、一般の人が黒字にするのは難しいでしょう。

 

また、ビットコインの発行量はあらかじめ決まっていて、

その数は2100万コインです。

永久に稼ぐことは不可能です。

動画では永久に稼げるとか言ってますけどね。

 

あ、でもマイニング自体はパソコンのスペックそこまでなくてもできます。

ただその場合、1日数十円程度の報酬です。

 

それを1日1万円と書いてるわけですから、これは嘘ですね。

 

さて、加えてICO情報を受け取れるらしいです。

しかし、ICOはなかなかギャンブル性が高いこともあり、

ミスれば全額蒸発します。

その情報を流してくれる藤田氏を信用できますか?

私はできません。少なくともセールスレターに嘘を書くような人間は。

 

さて、もちろん最後に高額塾への誘導がありますが、

その額は「10万円」です。まぁそこまで高いわけでもないですね。

タブレット付きは「20万円」タブレット代はしっかり取るのね。

10万ですからけっこういいタブレットがつくんでしょうかね?

また10名限定で、1ビットコインとシンガポールツアーらしいです。

 

こんなの完全に赤字じゃないですか。絶対もらえないでしょうね。

まぁ内容もほぼ間違いなく詐欺でしょうから仕方ないですかね。

 

それから、特商法についてですが、

住所や電話番号の記載がありません。

正直、会社の所在地も不明な商材を購入するなんて

かなりリスクがありますね。

 

電話番号の記載もないわけですから、

これでは、もしも何等かのトラブルがあった際は、迅速な対応などは

行ってもらえなさそうですよね。

これだけでも、不信です。

 

特商法は、必ずチェックするようにして、

住所自体もネットで一度検索にかけてみましょう。

きちんとしたビル以外でなく、空き地だったというケースもありますので

注意が必要です。