仮想通貨商材

Bit Slugger(ビットスラッガー) 井上鉄哉

Bit Slugger(ビットスラッガー) 井上鉄哉 

こんにちは。たんです。

では、本日も検証していきたいと思います。

今回、見ていく案件は、井上鉄哉氏の「 Bit Slugger(ビットスラッガー) 」です。

ー免責事項ー
当ブログのレビューは、確認や注意をした上で掲載しています。ただし、商材によっては間違った情報や最新情報ではない可能性があります。

当ブログは、独自の見解に基づくものであり、当ブログにおいて、何らかのトラブルや不利益については一切責任を負えないことをご了承ください。

Bit Slugger(ビットスラッガー) の商材情報

まず、特定商取引法に基づく表記は以下となっています。

販売会社 カショー株式会社

運営統括責任者 関根 宜昭

メールアドレス support☆bit-slugger.com☆を@に変えてください。

所在地 103 – 0028 東京都中央区八重洲 一丁目8番17号新槇町ビル6F

この案件の販売ページの謳い文句は、

「おかげさまで国内利用者数1000名突破!!」

Bitcoinチャートが激しく上下する限りあなたの口座残高を増やし続ける。」

「投資初心者の方 オススメ度  No.1

「システムの設定はわずか23秒。ボタン一つで1200%の利益をあなたの手に。」

と掲載されています。

 

ビジネスモデルは、「仮想通貨」です。

 

まず、販売ページに設置してあった動画を見て見ましょう。

ビットコインの自動売買ツールのようですね。

値動きを利用するもので、激しい値動きほどビットスラッガーで利益が出るんだそうです。

LINE登録した後に配信される第一話はこちら。

この動画をみてすぐに信用してはいけませんよ。

怪しい点がいくつかあるのです。

 

まず、販売者の井上鉄哉氏の投資歴はわずか一年半、

さらに仮想通貨に関しては、半年程度しか行ったことがないそうです。

まだまだ全然素人レベルの人から、

投資を教わるのは、どれだけ無茶な話なのかわかりますよね?

 

なので、この自動売買ツールですが、

バックテストでは利益を出しているというデータがありますが、

果たしてどれくらいの期間のバックテストが行われたのでしょうか。

 

あと、「ボタン一つで1200%の利益」と謳われいますが、

1200%なんて、誇大広告としか言いようがないですね。

 

仮に、その利益を出すとして、その場合、

かなりハイレバレッジをかけた取引を行わないと実現不可能ですから

それだけ大きな利益を取る場合、リスクも跳ね上がるということに

なります。これは注意が必要です。

 

過去の経歴ですが、元プロゲーマーだったそうで、

現在は1700人の仮想通貨サロンの講師をしているそうです。

本当にそのサロンが存在しているのか、

ネット上で見てみましたが、確認ができなかったので

なんとも怪しいところです。

 

もし仮に存在していたとしても、

講師が半年しか仮想通貨を知らないというのも問題なのではないでしょうか。

 

元プロゲーマーが本当なのかも調べて見ました。

http://fgamers.saikyou.biz/?%E4%BA%95%E4%B8%8A#.XWYtI5P7QWp

上サイトには、

「井上」というプロゲーマーがいたことは確認できましたが、

なんせ顔写真がないため、

この動画の人物と一致するか、確認のしようがありません。

 

プロゲーマー「井上」のツイッターアカウントを見つけました。

https://twitter.com/vs_ino

5月からツイートしていませんね。

1万8千人もフォロワーがいるようですが、

動画の井上鉄哉=プロゲーマーの「井上」なのか、

本当のところはわかりませんでした。

 

さらに動画内の井上鉄哉氏は、

「取引所のバグ(抜け穴)を悪用していた」と公言していましたね。

攻略と言ってますが、このやり口は極めて悪質な方法です。

こういうことを平気で動画で話すこと自体どうなんでしょうね。

 

特商法を見てみましょう。

電話番号の記載がありませんね。

それに所在地を調べてみると、レンタルオフィスのようです。

Bit Slugger(ビットスラッガー) 井上鉄哉2

こういったバーチャルオフィスやレンタルオフィスは、

1か月単位の利用契約なども出来ますので、

万が一、何かあった場合はさっと退去されやすく、

解約されれば所在確認のしようもなくなってしまいます。

 

電話番号の記載もないわけですから、

サポート体制はもちろん、きちんとした対応などは期待できませんね。

 

特商法は、必ずチェックするようにして、住所自体もネットで

一度検索されることをおすすめします。

きちんとしたビル以外でなく、空き地だったというケースも

ありますので注意が必要です。

 

ビットスラッガーの今後についてですが、

高額塾などのコンテンツの案内が控えているパターンだと思います。

総評

 ビットコインは仮想通貨の中でも、海外送金や決済スピードが速く、

手数料が安いということで一番人気のあるコインです。

 

ですが、ビットコインは価格変動が激しいという特性があります。

 

なので、この落差を利用して大きな利益を出すことも可能ですが、

初心者には逆にこれがリスクになる場合もありますよね。

ビットコインは、発行枚数の40%が投資家達により保有されていると

いわれており、私たちは残りの60%で取引を行なっていることになります。

 

ただ、もしも40%を保有する投資家達が、ビットコインを一斉に売却した場合、

仮想通貨市場にはビットコインが流れ込み、ビットコインの価格が暴落する可能性が

極めて高くなるんです。

 

結果として、60%のビットコイン保有者は大損することになるんですね。

 

こういったリスクを事前に読み、回避することは実際難しく、

それでも、痛くないと思える余裕の予算内で投資するくらいでないと

心配の種になるので、くれぐれも注意してください。

 

ハッカーによるウォレットに入金されたビットコインを全て盗まれる可能性も

否定できません。

 

ましてや、これをツールで自動売買しようという案件なわけです。

 

シグナル配信についてですが、過去のデータからロジックを形成しているものが

ほとんどなので、政治や経済の情勢を受け相場が変動すると

正常な動作ができなくなります。

 

なので、ツールに頼り切ってしまうことについては注意が必要ですね。

 

僕がこれまで見てきた中で、シグナル配信によって

継続して稼げているものはまずないです。

サイン配信は、配信に乗れることが非常に重要なのですが、基本本業で忙しい人は

24時間張り付いていられるわけもないですし、

こういった案件の配信サービスは続いても1年だと思います。

 

あと、井上鉄哉氏ですが、投資の実績など不明でしたし、

販売会社もレンタルオフィスである点も気になりますね。

 

こういった自動売買ツールは、使用していく中で不具合が起こることもあり、

会社のサポート体制がどうなのかも大事だと思います。

 

少しでも不安材料があれば、やめておいた方が無難だと思いますね。

以上のことから、こちらの案件はおすすめしません!